夢分析のセミナーを受講した体験談①

みなさんこんにちは。今日は、夢分析についてお話します。

みなさんは寝ているときに夢を見ますか?

夢って、理解不能なことが多いですよね? 頻繁にみる夢、怖い夢。時には、誰かと一緒にベッドにいるエロチックな夢。あるいは自分や誰かが死ぬ夢。

ユングの心理学に夢分析というのがあります。

夢分析が得意な先生を偶然知り、そのドイツ人の先生のもとで、3年間夢分析のセミナーを受講しました。その時の体験を一部お話します。

セミナーの受講生は、8人ぐらいまで。少人数で行われました。

1カ月に一度、グループで会いました。

先生ははじめに、夢分析の方法について説明してくれました。

そして、多くの人がみる夢について、あるいは夢の中に現れる人、モノ、動物などは、何を意味しているのかについて説明してくれました。

その解説が終わったら、今度は受講生が一人ずつ、自分がみた夢の内容を、みんなの前で話すのです。

他の受講生は、その夢の内容を聞き、どういう意味なのかみんなで分析しました。

3年間夢分析を学び、多くの人の夢を知り、その分析を学んで思ったこと。それは、

  • 怖い夢を見たとしても、夢の意味を分析すると、みた夢自体とは全く異なることが本来の意味である。
  • 夢の意味が分かると、自分が今何をすべきなのか、人生のテーマがわかってくることです。

これがわかったら、もし自分や他人が死ぬような怖い夢をみても、怖がることはありません。

なぜなら、自分や他人が実際に死ぬことを、意味していないからです。

別の例をあげると、結婚しているのに、夢の中で、自分のパートナーでない人とベッドにいる夢をみる場合も同様です。この夢をみる人は多いです。さあ、この夢は何を意味しているのでしょうか?(笑)

夢分析は、通常は、心理カウンセラーなど専門家に分析してもらいます。

でも、夢をみる度に、カウンセラーに分析してもらうと、時間とお金がかかります。

自分で自分の夢を分析できる方法はないか。

私は試行錯誤し、何度も一人で練習し、ついにメソードを作りました。

練習して思ったことは、自分の夢を自分で分析できるようにすることは、自分自身を客観的に分析するとてもいい訓練になることです。

これは初心者にはハードルは高いですが、最初から完璧を目指さないで何度も練習したら、ある程度できるようになると思います。

夢分析の方法について、そして私が作った自分で分析できるメソードについて本を出版し、その中で詳しく説明したいと思っています。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA