自分の中にある攻撃性の活用①

こんにちは。今日は、「自分の中にある攻撃性を活用する方法」についてお話します。

心理学を学んで、面白い発見がたくさんありました。「自分の中にある攻撃性の活用」も、その一つです。

攻撃性というと、何かを破壊したり、他人を傷つけたり、否定的な意味でつかわれることが多いです。

でも、ドイツ語で 「gesunde Aggression 」という言葉があります。これは、直訳すると「健康な攻撃性」という意味です。

健康な攻撃性」とは、次のようなことを指します。

  • イヤなことにははっきりとNOを言う
  • 自分の意見を押し通す
  • 妥協しない
  • 今までやりたいと思っていても、やらなかったことを思い切ってやってみる

などです。

この健康な攻撃性が必要な人は、

  • 他人から好かれる人
  • 常に他人の欲求を優先する人
  • 自分の欲求を後回しにする人
  • 適応能力に優れた人
  • 他人の目、世間体を気にする人
  • 我慢強い人

などです。

どの人に、健康な攻撃性が必要か。これは、夢分析をするとわかります。

夢の中には、色々な人、モノ、動物などが現れます。それらが様々な行動をします。

それを分析するとわかります。

私たちは、他人と協調して生きていくために、自分の欲求を抑える必要があります。

しかしずっと欲求を抑えて、我慢ばかりしていては、偏ります。

時には我慢せず、NOを言ったり、自分の欲求を優先させることも必要です。

つまり、バランスが必要ということです。

我慢をする人から見ると、「健康な攻撃性」は、わがままな行動に見えるかもしれません。

でも、これは人生には必要です。

上記に挙げた、健康な攻撃性が必要な人に当てはまる人は、「健康な攻撃性」を日常生活にぜひ取り入れてみてください。人生が楽になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA